動物病院について

犬の手術【女の子の避妊手術】


犬の女の子の避妊手術は動物病院で行われますが、避妊手術をする事で得られる効果とはどう言った効果でしょうか。

女の子の場合、人間で言う生理が有ります。これが年に2回ほど、1回あたり2週間程来るのですが、この時期は発情期にあたる為フェロモンがたくさん出るそうで、このフェロモンが男の子を引き付けるそうです。しかしこの時期は犬の女の子にとってはストレスが溜まる時期でも有りますし体調も崩しやすい時期でもある事から、おとなしい子でもストレスで吠えたり噛みついたりする場合が多いそうです。これは犬にとっては心身共に負担になる事で、この負担を軽減させてあげたり問題行動を抑えると言う意味で避妊手術をする事が多いそうです。

また男の子と同じ様に女の子も避妊をしないと乳腺ガンになる確率が200倍にも増えるそうで、避妊をする事で1/200まで発症確率を下げる事ができ、殆ど発症の心配は無いと言う感じになるそうです。乳腺ガンだけじゃなくて避妊手術をする事で子宮ガンや糖尿病等、色んな病気和や予防する事が出来るそうで、こうした病気予防の為に避妊手術を受ける場合が多いそうです。だからと言って避妊手術をしないから病気に必ずなるのかと言うとそう言う訳ではありませんので勘違いしない様にしましょう。愛犬の子供が欲しい場合は子供を一度生ませたら避妊手術をする等、タイミングは動物病院で相談してみると良いと思いますが、大切な愛犬の命の事も有りますのでご家族とよく話し合って決めていくと良いでしょう。

スポンサードリンク

動物病院

病気について1

ペット保険

病気について2

ページトップへ