動物病院について

犬が食べない方が良い食べ物


絶対と言う事では有りませんが、出来れば犬が食べない方が良い食べ物と言うのが有ります。こうした食べ物を食べた際に具合が悪くなる事が有りますので、その場合は直ぐに動物病院に行く様にすると良いでしょう。またどんな食べ物を食べさせない方が良いと言う情報はインターネットでも調べる事が出来ますが、動物病院でも獣医師に聞くと教えてくれると思いますので聞いてみて知っておくと良いですよ。

先ずは「水道水」ですね。飲み水に水道水を与えている人が多いと思いますが、塩素が水道の水には含まれていますよね。この塩素が犬の腎臓や肝臓に徐々に負担を与えていくと言います。大型犬でも負担が出てきやすいですので小型犬や高齢犬だともっと負担が出てきますよね。わざわざ買ってきたお水を与えると言うのでも良いのですが、水道水は1日汲んだ状態でそのまま放置しておくとカルキが抜けてくるので、抜けたら与えてあげたら良いと思いますよ。また、消化不良を起こしやすい食べ物と言う事で、豆類、イカ、タコ等が挙げられます。

消化不良を起こしてしまう事で吐いてしまったり、下痢になってしまったりしてしまう可能性が出てきますのであまり与えない方が良いでしょう。次によくあげがちなのがお菓子類ですね。人間が食べるお菓子には糖分がたっぷり含まれています。糖分が有ると言う事は脂肪分も有ると言う事ですよね。こうした成分が犬の体内に入ると虫歯にもなりますし、皮膚の病気にもなる事が有るそうですので出来るだけ食べさせない様にしましょう。更に肥満になってしまうと色んな病気を引き起こしやすくなってしまいますので注意して下さい。この様に食べさせない方が良いと言う食べ物には犬に負担をかける事ですので出来るだけ与えない様にした方が良いですね。

スポンサードリンク

動物病院

病気について1

ペット保険

病気について2

ページトップへ