動物病院について

犬の病気について【狂犬病】


「狂犬病」と言う犬の病気が有りますが、昔はよく聞いた病気の様に思えますが最近はあまり聞きませんよね。でも狂犬病は今でも無くなっている物では無くて感染症の一種として存在しています。狂犬病ウイルスに感染した犬は凶暴化してしまいます。その犬が誰かを噛むと噛まれた人は感染する事になり、死亡に大きな確率で至ってしまうと言うかなり危険な病気なのです。動物病院に直ぐに行って治療をしてもらう事で何とか事無きを得る事も有りますが、かなり危険な状態になる事は間違いありませんので狂犬病にならない様にする事がとても大切になるのです。また現在では動物病院に行っても発症してしまった後は有効的な治療が無いと言う現状も有るそうです。

但し狂犬病の犬に噛まれたからと言って直ぐに狂犬病を発症する訳では有りません。症状も違いますし発症するタイミングも違ってきます。数週間で発症する人もいれば数年経ってやっと発症する人もいるのです。その為にいつどこで狂犬病の犬に噛まれたか分からないといった状況になる人も少なくないのです。症状として出てきてしまうと手足の神経が麻痺してきてしまい、呼吸困難に陥って衰弱してしまって死亡してしまうと言う事になります。人間の場合でもこうなので犬の場合でも治療法は確立されていなく、可哀想ですが安楽死させると言う選択肢を選択しなくてはいけなくなる事が多いです。こうした可哀想な状況を迎えさせない為にも毎年のワクチン接種は欠かさずに行う様にしてください。動物病院から毎年時期になると受けて下さいと言うハガキが行く事が多いと思いますので届いたら直ぐに行く様にしましょう。

スポンサードリンク

動物病院

病気について1

ペット保険

病気について2

ページトップへ