動物病院について

犬の病気について【消化器系】


「消化器系」の病気も犬も人間と同じ様にかかる事が有り、動物病院で治療をしてもらう事になる可能性が有ります。消化器系は普段生きていく中で必ず使う所です。何故なら物を食べて排泄をするからです。消化器系は食べ物が体内に入って肛門から出されるまで通る所を指しています。やっぱりご飯を食べると身体の中で食べ物を消化して行き、食べ物を生きていく為のエネルギーに変化させて行かなければなりません。そんな大事な消化器系の部分は体調を崩す事で病気にかかりやすいと言われているのです。更に人間以上に犬は下痢や吐く事が多いので注意して見ていく必要が出てくると思うのです。

そんな消化器は食べ物を食べて消化させると言う消化管と言うのが有り、口・胃・小腸・大腸・肛門等が挙げられます。その他には消化をする為に必要な分泌液を出している付属器官と言うのが有り、肝臓・膵臓・消化管等が挙げられます。比較的犬の胃は大きくなっていて、食べ物を噛まないでそのまま食べても大丈夫な様に出来ています。こうした部分が病気をする事で重大な状態になってしまう事にもなりかねませんので、常に犬の様子は見ておく必要が有ります。私達の生活を潤わせてくれる愛犬ですのでしっかりと様子を見て、変な感じが有ったら直ぐに動物病院に連れて行って診せる様にしたいですよね。消化器系のガンと言うのも有ります。そうなると可哀想な思いをさせる事になってしまいますので早めの対策をしていく事が大切になるのです。

ページトップへ