動物病院について

犬の病気について【痩せる】


健康体であれば体型ってそんなに急激に太ったり痩せたりしない物だと思います。これは人間も犬も同じことでしょう。しかし急激に体型に変化が有った時には何か病気をしているのではないかと疑って犬の場合は動物病院に連れて行く様にしましょう。ここでは犬が急に痩せたときに疑われる病気について挙げてみたいと思います。

直ぐに動物病院に連れて行く前にそれまでの犬の状態をチェックする所から始めていきましょう。それまでの食欲をチェックしてみてください。きちんと食べているでしょうか。食べていないから痩せていくと言う事も有りますし、食べないのは具合が悪いからだと言う事も有ります。また食欲は有るのに痩せていくと言うのも有ります。更に水はきちんと飲んでいるか、睡眠はどうかとか、オシッコやうんちはきちんと出ているか等、把握しておいた方がいいのです。

食欲が無い場合、栄養失調になっている可能性も高いです。有りがちなのが食べ過ぎで太ってきたからと言って与える量を減らす事です。量減らし方にもよりますが、必要な栄養をきちんと与えられなくしてしまう場合が有るのです。これが栄養失調の原因となるのです。ダイエットも大切ですが栄養バランスをきちんと取った状態でダイエットさせる様にしなくてはいけません。また内蔵の病気で食べられなくなってしまって痩せている事も有りますし、高齢で単純に食が細くなってしまったと言うのも考えられます。とにかく急激に痩せるのはやはりおかしいですので、普段の状態をチェックした上で動物病院に連れて行く様にしましょう。

ページトップへ