動物病院について

犬はどんな病気にかかりやすいのでしょうか


犬だって病気になる事もあり、動物病院で治療を受ける事も有ります。気付かずに放っておくと最悪の場合、手遅れで死に至ってしまう事も考えられます。病気を早期発見する為にも常日頃の愛犬の健康管理、また定期的な動物病院での受診をする様にしてみてはいかがでしょうか。ではどんな病気に犬がかかりやすいのか主な病気を挙げてみたいと思います。

犬も人間と同じ様にガンにかかり、病気になってしまうベスト1で全体の5割以上はガンの病気だそうです。ガンになってしまう主な原因としては人間と同じだと思いますが、食生活が一番に挙げられるみたいです。多くの食品に含まれている食品添加物がガンを引き起こす原因となりやすく、特に小型犬は身体も小さいので影響を受けやすいのだと言われています。この他にもストレスや遺伝がガンの原因になる事も有ります。

こう見てみると食生活はとても大切なんだなという事が分かり、健康管理をきちんとしていかなくてはと感じてしまいますよね。ガンの他にも心臓の病気や腎臓の病気にもなりやすいと言われていて、これら全て食生活が原因で有る事が多い様です。更に死亡に至りやすい病気で有る事から普段の生活を一度見直してみる必要が有りますよね。犬は与えた物しか食べられないので、食生活も飼い主の責任が重大です。愛犬が病気にならない様な生活を送れる様にしてあげましょう。そうする事でいつまでも愛犬との楽しい生活を送れる様になると思いますよ。

ページトップへ