動物病院について

犬の病気について【フィラリア】


「フィラリア」と言う病気を聞いた事がある人は、犬を飼っている人ならほとんどだと思います。しかしその中身についてはあまりきちんと知っている人はいないかもしれません。蚊に刺されたらフィラリアになってしまうと言う物ではなくて、蚊が寄生虫を犬の身体の中に入れてしまう事を指しているのです。人間と同じ様に蚊は犬も刺します。この時に蚊の中に寄生虫の幼虫が犬の体内に入ってしまうのです。そうなると幼虫は犬の中で成長する事となり、数ヶ月で大きくなった寄生虫が皮膚から血液内に入り込んで心臓に流れ込んで行く様になります。そして心臓の中で更に数ヵ月間大きくなって入って、新たな幼虫を心臓の中に産むのです。

これが繰り返される事で血液循環が正常に働かなくなってしまい、心臓がショック状態になってしまって死に至ると言う恐ろしい病気なのです。その為に予防をしっかりする事が大切になるのです。予防は動物病院からフィラリアの時期に薬を貰って1ヶ月に1回数ヵ月間飲ませる事です。フィラリアの薬は血液内にフィラリアが入り込んだ時に効果が出るそうなので、蚊に刺されてから2〜3ヶ月後位が良いみたいです。

ですから蚊が出始めた時期から1ヶ月後位の5月位から、蚊がいなくなった後数ヶ月の12月位まで月1度のペースで飲ませていくと予防になります。この薬で蚊に刺されて幼虫が入り込み、成虫になって心臓に向かう段階で殺してくれます。その為に1か月に1回寄生虫を殺す為の薬を投与するのです。大抵は大丈夫だと思いますが、もしもフィラリアに感染してしまった場合には早めの処置が必要になりますので動物病院に直ぐに連れて行く様にしてください。

ページトップへ